YouTubeで収益を上げる方法

インターネットの登場によって、これまでは考えられなかったようなサービスがいくつも登場しました。
特に衝撃だったのは、いわゆる動画配信サイトでしょう。YouTubeやそれに続く様々な動画配信サイトによって、テレビですらインターネットの後追いになってしまいました。
新しいサービスが登場するということは、それに関わる仕事というのも登場します。YouTubeには動画配信を仕事とする「YouTuber(ユーチューバー)」と呼ばれるクリエイターたちがいます。
テレビ番組のようにたくさんの人材や大がかりな設備がなくても、個人で作成した動画が何百万再生されるという時代になり、今では下手なテレビや芸能人よりも影響のあるYouTuberも少なくありません。
例えば2016年に最も話題になった「PPAP」という動画はすでに1億再生を超える人気です。PPAPを歌っているピコ太郎は最近はCMでもよく見かけますよね。

もちろん、趣味として動画を公開しているYouTuberも少なくないのですが、YouTubeではクリエイターが収益を得るための仕組みを用意しています。
「YouTubeパートナープログラム」に参加することで、自分の動画に広告を設定することができるようになります。これによって動画配信者は収益を上げられるようになるわけです。
YouTuberがどれぐらい稼げるのかは人気次第と言ったところですが、動画配信だけで食べていける専業のYouTuberもかなりの人数がいると思われます。
日本人でもトップクラスのYouTuberの年収は億越えしているのではないかとウワサされるぐらいですし、YouTuberはなかなか夢のある仕事かもしれません。
とある小学校で調査した小学生の夢で、サッカー選手や医者に並んで、YouTuberがランクインしていたというニュースを少し前に見かけました。
そんな時代を反映してか、YouTuberを育成するコースを設立した学校もあるようです。今後もYouTuberを目指す人間は増えていくのではないでしょうか。
もちろん、YouTuberだけで生活をするというのは簡単ではないでしょう。将来どうなるのかわからない不安定な仕事なのも否定できません。
しかし閉塞感のある今の時代に、自分の実力だけで上り詰めることができるYouTuberは魅力的な存在です。今後も新しいYouTuberが登場して、面白い動画がたくさん公開されるのが楽しみです。