自分の投資の収益率、知っていますか?

投資をするなら知っておきたいのが、自らの投資の「収益率」と「期待収益率」。
つまり、どれくらい稼いだかの成績と、この先予想できる投資リターンの平均値です。

これらを把握しておくと投資計画を立てるうえで役立ちますよ!

さて「投資収益率」は投資の収益を投資額で割って算出可能。

また「期待収益率」は、この先想定できる現象・確率をもとに算出できます。
例えば…投資資金として10,000円を用意し1年後のリターンを
30%の確率で13,000円(収益率30%)
50%の確率で11,000円(収益率10%)
20%の確率で8000円(収益率-20%)と考えたとします。
すると期待収益率は30×0.3+10×0.5+(-20×0.2)より10%となるわけです。

ただ、期待収益率はあくまで予想の平均値。
投資において高い収益と高い損失リスクは表裏一体なため、大きなリターンが期待できるとすれば、同時に“高リスク”にもなりやすいという点はおさえておく必要があるでしょう。

つまり投資対象を決めるさいには、期待できるリターンと併せ“負うことになるリスク”も考慮しなければならないということ。なお、その“リスクの大きさ”も計算によって割り出せるため、気になる金融商品については、予想リターン・リスクを併せて割り出し、一番「許容できるリスクの範囲内で大きなリターンが狙えるのはどれか」を調べみるといいですよ。

とはいえ、そうした計算は何とも厄介……。

数字に強い方はパパッとできるかもしれませんが、誰にでも簡単にできることではありませんよね。まして、様々な商品・状況を分析し、速やかにそれを投資に反映させていこうと思ったら…もう大変! 

でも今は便利なものがあるんです。

アプリやツールです。
最近は保有資産のリスクやリターンの計算、加えてこの先の期待リターンまで計算してくれるものが! しかも無料のものが多いので、さっそく探し・試してみてはいかがでしょうか。

では最後に、リスクとリターンのバランスを決めるうえで役立つ情報をひとつ!

それは「投資全体に占めるリスク型資産の割合は、100から自分の年齢を引いた値にせよ」というルールです。

これは、例えば「30歳なら投資資金の7割を株や債券などリスクをとった投資にあて、残りの3割は貯金など安定型資産に」といった具合に年齢に合わせてリスクレベルを変えていくと良いという考えに基づくもの。若いころはちょっと大きくリスクを取って大胆に利益を狙い、年齢が上がってきたら徐々に負うリスクを減らしていこうというわけです(若ければ失敗してもやり直しがきくため/また若いころに少々頑張って投資資金を増やしておけば、年齢が上がってから低リターンの安定型の運用に切り替えても、投資資金が大きいぶん効率よく資産を増やしていきやすいため)。

投資においては、単純に収益を追いかけるだけではいけません。
このように、リスクやライフステージといった様々な要因にも目を向けバランスをとっていくようにして下さい。

その際にはアプリなどを積極的に活用していくのがオススメ!
ぜひ便利なツールを使って、冷静に賢く資産運用を進めていっていただきたいと思います。